看護師さんの仕事の悩みについて、看護師さんどうしが熱く議論しています。ご参考になるかも。

看護師さんの悩み

#日頃の激務に、理不尽な医者の振る舞いや、モンスターほにゃらら。悩みの付きない看護師さん。

看護師さんのよくある相談や悩みについて熱く語り合う様子を記事にしてみました。とても熱血な回答者さんです。


悩み・相談・Q&A

# 看護師を辞めようか悩んでいます。

 看護師を辞めたくなってしました。
 人と関わることが好きです。私の力ですこしでも元気になる人がいればいいなと思ってはいます。

 でも現実はまるで介護というかストレスがたまる日々です。
 おむつ交換やトイレ介助ばかりで一日が終わるような日ばかりです。

 何のために看護師になったのか?看護師でなくてもいい仕事ではないのか?
 そんなことを考え込んでしまっています。

 夜勤のときは2人勤務で50床以上・・・限界を感じています。

 理想と現実が…
 こんなことで辞めたいと思うのは逃げでしょうか?


# 少し立ち止まり考えてください。

 大変お疲れのようですね。

 おむつ介助の一つとっても大事な看護の仕事があるのではないでしょうか。
 一人ひとりの患者さんの、排泄物の色・量・臭い・形状、あるいは皮膚状態や浮腫、またトイレ介助ならトランスの状態、歩行の状態、看護の視点でみるべきことはたくさんあるはずです。

 ただみているだけではただの作業になってしまいます。
 プロとしての視点でみることができるどうか

 ただの介護と看護と違うのはこういう点ではないでしょうか。

 看護は観察からはじまると習いました。
 数値や医学的知識も大事。
 しかし看護師なら生活全般をみるプロであるべきです。

 データー上なにもかわらなくても「なにかおかしい。昨日と違う。」と感じること。
 これはその患者をよくよく観察しているから、その観察データーから変化や危険を感じ取るのがプロです。
 オムツ交換や排泄介助を流れ作業のようにしなかった看護師だけが得られる観察眼です。医師が持たない看護師だけの力です。

 理想の看護とは?ご自分の力で患者さんを少しでも元気に出来ているのではないでしょうか?助けになっていると思いますよ。

 救命や外科だけに看護の仕事があるわけではないでしょう。少し立ち止まって考えてみてください。

 でもやっぱり無理は禁物ですね。引き返すことややり直すことは恥ずかしいことではありません。最初に戻ればいいだけです。
 職場を変えるのも選択肢の一つでしょう。

 ゆっくりと自分の道を決めてください。
 少し休んでみるのもいいでしょう。皆悩みながらこの仕事を続けているのです。


#

とても熱い回答でしたね。 こうした悩み・葛藤を乗り越えていくのは、何も看護職だけではなく人生そのものなのかもしれません。幸い看護師は比較的人数の多い職業ですから悩みごとや色んな方に相談しながら進めてみましょう。周りの人に相談しにくい時はネット上でも色んなサービスがありますので活用してみるといいですよ。


相談の種類で相手を変えるのがいいかもしれません。
愚痴に近いことなら友人
仕事内容のことなら同僚や先輩
給料や労働条件に関することなら転職サイトのコンサルタント


口に出してみるだけでもストレス解消効果はあるようです。
あまり溜め込まないのがよさそうです。


トップページへ戻る ⇒ カンゴ360